伝染性紅斑-成人の罹患状況は?-

<サマリー>

国立感染症研究所の報告よると、伝染性紅斑は4~5年ごとに流行が見られ、今年は流行年となる兆しがあるようです。感染症報告における報告数とJMDCの推計患者数について、その違いを検証しました。

※本レポートは過去のメールマガジンの記事を元に作成されています。


このレポートのダウンロードはこちらから

ファイル :
No.170.pdf

本レポートは以下のボタンのページよりPDFでダウンロードすることができます。
※ダウンロードにはメールアドレス等の入力が必要となります。