スイッチOTC

<サマリー>

セルフメディケーションの促進や医療費削減を目的として、近年、スイッチOTCがますます広がりを見せています。適応疾患や年齢による剤型、配合剤の種類や各用量を検討するにあたり、医療用における処方状況が参考になります。今回はアセトアミノフェンを例に、医療用における処方状況を見てみます。

※本レポートは過去のメールマガジンの記事を元に作成されています。


このレポートのダウンロードはこちらから

ファイル :
No.172.pdf

本レポートは以下のボタンのページよりPDFでダウンロードすることができます。
※ダウンロードにはメールアドレス等の入力が必要となります。