子宮頸がん検診の推移

<サマリー>

ヒトパピローマウイルス(HPV)による感染が原因とされる子宮頸がんは、その感染をワクチン接種で予防する効果が期待され、日本では2009年に一部医療機関での接種が可能となり、現在2種類のワクチンが承認されています。今回は子宮頸がん検診について分析しました。

※本レポートは過去のメールマガジンの記事を元に作成されています。


このレポートのダウンロードはこちらから

ファイル :
No.201.pdf

本レポートは以下のボタンのページよりPDFでダウンロードすることができます。
※ダウンロードにはメールアドレス等の入力が必要となります。