糖尿病治療の『絆』

<サマリー>

2013年5月 第56回日本糖尿病学会年次学術集会が開催されました。テーマは「糖尿病学の進化と絆」で、糖尿病学の進化だけでなく、保健-医療連携、チーム医療、地域医療連携などのコ・メディカルも含めた「絆」も必要であるという意味が込められているそうです。今回は「絆」の視点でレセプトデータを分析してみます。

※本レポートは過去のメールマガジンの記事を元に作成されています。


このレポートのダウンロードはこちらから

ファイル :
No.202.pdf

本レポートは以下のボタンのページよりPDFでダウンロードすることができます。
※ダウンロードにはメールアドレス等の入力が必要となります。