服薬アドヒアランス向上の工夫

<サマリー>

生活習慣病等の慢性疾患は、治療を続けることがよりよい予後の改善を目指せるとされますが、昨今、その服薬アドヒアランスの低さが問題になっています。製剤においては、投与回数の軽減(配合剤、ウィークリー/マンスリー製剤など)、飲みにくさの軽減(剤型変更=ドライシロップ/OD錠/貼付剤、大きさなど)といった工夫が試みられていますが、これらの工夫はアドヒアランス向上にどの程度貢献しているのでしょうか。降圧剤を例にとり分析してみます。

※本レポートは過去のメールマガジンの記事を元に作成されています。


このレポートのダウンロードはこちらから

ファイル :
No.203.pdf

本レポートは以下のボタンのページよりPDFでダウンロードすることができます。
※ダウンロードにはメールアドレス等の入力が必要となります。