糖尿病薬発売からの処方推移と患者プロファイル

<サマリー>

2014年4月、新しい作用機序の糖尿病治療薬SGLT2阻害薬が発売され、糖尿病治療の新たな選択肢として注目を浴びました。しかしその期待とは裏腹に、低血糖などの特徴的な副作用が懸念され、思うように処方が進んでいないのが現状となっています。今回はSGLT2阻害薬とDPP4阻害薬について、それぞれの薬剤が上市後どのように処方されたのかを検証しました。

※本レポートは過去のメールマガジンの記事を元に作成されています。


このレポートのダウンロードはこちらから

ファイル :
No.233.pdf

本レポートは以下のボタンのページよりPDFでダウンロードすることができます。
※ダウンロードにはメールアドレス等の入力が必要となります。