早期結腸がん患者における内視鏡、手術治療状況

<サマリー>

近年、早期結腸がんの摘出において、内視鏡治療や、開腹術に比べ低侵襲である腹腔鏡下手術の普及がみられます。今回は内視鏡治療、手術療法が推奨される早期の結腸がん患者を対象とし、内視鏡/腹腔鏡下手術/開復手術の実施状況と、手術適応患者における術式別の術後から退院までの日数を確認してみました。

※本レポートは過去のメールマガジンの記事を元に作成されています。


このレポートのダウンロードはこちらから

ファイル :
JMDCAFP20180228No.259.pdf

本レポートは以下のボタンのページよりPDFでダウンロードすることができます。
※ダウンロードにはメールアドレス等の入力が必要となります。