レセプトデータベースによる、気象データと傷病の関連性の調査

<サマリー>

花粉症など特定の季節に症状が出現する疾患、または気象の変化によって症状が出現する、あるいは悪化する疾患があることは広く知られている。 本調査では、レセプトデータベースと気象データを突合することにより、気象と傷病(投薬)の関連性を調査できるか検討した。 結論、気象データとレセプトを突合して調査することにより、気象と傷病の関連性が観察できると考える。


このレポートのダウンロードはこちらから

ファイル :
JRDA191120.pdf

本レポートは以下のボタンのページよりPDFでダウンロードすることができます。
※ダウンロードにはメールアドレス等の入力が必要となります。