創薬におけるリアルワールドデータ活用:疾患とアンメットニーズの理解

<サマリー>

近年、創薬の標的は、治療満足度の低い症状や、患者数の少ない難病がフォーカスされる傾向にある。 こうしたなかで、創薬研究においては、疾患そのものを理解し、患者が抱えるアンメットメディカルニーズ(UMNs)を把握することが必要不可欠である。 今回、これを達成するため、パーキンソン病(PD)を適応症の例として、JMDC Inc.が保有する健保レセプトのデータベースを活用することにした。


このレポートのダウンロードはこちらから

ファイル :
JRDA191201.pdf

本レポートは以下のボタンのページよりPDFでダウンロードすることができます。
※ダウンロードにはメールアドレス等の入力が必要となります。