小児ぜん息患者を対象とした気象予測が行動変容に影響を与える可能性の考察

<サマリー>

ぜん息患者数と気象を組み合わせた分析から、「ぜんそくリスク予報」の予測モデルを作成し、さらに広く伝えるためにスマートフォンアプリを開発した。 そこで本研究では、トランスセオレティカルモデルに基づき、ぜんそくリスク予報アプリがぜん息の自己管理の維持により役立つものにするために、アプリ利用者の利用傾向分析を行った。


このレポートのダウンロードはこちらから

ファイル :
JRDA200210.pdf

本レポートは以下のボタンのページよりPDFでダウンロードすることができます。
※ダウンロードにはメールアドレス等の入力が必要となります。