処方せん様式再変更

<サマリー>

医療サービスの質向上のため、厚生労働省がレセプト情報等の活用について検討する中で、一つのポイントとなる「レセプトオンライン化」についてお伝えします。4月より処方せん様式が再変更となります。医師は後発品処方を認める場合に「後発品変更不可」欄にチェックをし、調剤薬局は患者の同意が得られた場合、薬剤師の裁量で後発品を調剤することができるようになるようです。

※本レポートは過去のメールマガジンの記事を元に作成されています。


このレポートのダウンロードはこちらから

ファイル :
No.094.pdf

本レポートは以下のボタンのページよりPDFでダウンロードすることができます。
※ダウンロードにはメールアドレス等の入力が必要となります。